• ホーム
  • カンジタは男性よりも女性の方が症状が出やすい

カンジタは男性よりも女性の方が症状が出やすい

カンジタは男性と女性のどちらにも感染しますが、カンジタは男性よりも女性のほうが症状はでやすいです。
男性がカンジタに感染して症状が発症するのは女性よりも稀で、男性は性器が体外に出ているため、洗いやすく乾燥もするのでカンジタ菌が繁殖しにくいためです。
症状があらわれる場合には、陰嚢などの痒みや包皮の付け根あたりが赤く腫れたり、白いカスがでたり、性器に痛みがあるなどがあります。
症状が出にくくても男性のカンジタが悪化すると、尿道炎になることもあり、他の性病にも同様な症状があるものもあるので、自己判断ではなく病院で診断してもらう必要があります。

特に包茎の場合には、菌が繁殖しやすい環境が作られやすいので感染率も高くなるので注意が必要です。
男性の場合には比較的簡単に治すことができます。
発症し放置しても患部を清潔に保っていると自然治癒することはあります。
薬で治療をしますが薬は抗真菌薬のニゾラールなどを用いて治療します。
男性は症状に気づきにくいこともあり、女性に感染させる可能性は高いです。
排尿痛があったり痒みなどが治らない場合は、感染を広げないためにも早めに病院で治療をします。

女性がカンジタに感染するのは、病気や寝不足などで免疫力が低下している時などで、特に女性は症状が膣や外陰部に現れやすいです。
女性器は体内にあり常に下着に覆われているので菌が繁殖しやすいです。
症状は強い痒みや、おりものが白いカッテージチーズのような状態になることが特徴的です。
カンジタの治療で使われる薬にはニゾラールの他にカーネステンやフォルカンも使われます。

フォルカンは抗真菌薬のジェネリック医薬品の飲み薬で一日一回飲む薬です。
フォルカンの主成分がカンジダのもとになる菌を殺菌して増殖を抑える効果があります。
カーネステンは膣状タイプとクリームタイプがあり、効き目が高く膣状タイプは膣に直接挿入する薬で、膣状とクリームを併用することでさらに高い治療効果があります。

ニゾラールはカンジダの治療だけではなく水虫治療や、シャンプータイプは薄毛治療にも用いられます。
ニゾラールは持続時間が長いことが特徴的で、他のクリームタイプよりも塗布回数が少なくても効果を発揮します。
カンジタは男性よりも女性のほうが症状はでやすいですが、男性も感染しないわけではありません。
デリケートな部位なので放置しがちですが、感染させたり悪化させないように症状がある場合には病院で治療をします。

男性で包茎の人はカンジタの感染率が上がる

カンジタは人間の体に元からいる常在菌なのですが、免疫力の低下やホルモンバラスが崩れて増殖することで発生する病気です。
感染力は高いのですが男性は感染しても症状が軽く、自覚症状が出ないケースも少なく有りません。

カンジタは女性の膣粘膜に生息しているので発症するのは女性が多く、女性特有の病気と言われる場合もあるほどです。
カンジタは細菌ですがカビの真菌の一種なので、治療薬は抗真菌薬のニゾラールやカーネステン、フォルカンなどを使用します。
これらの薬はカンジタを死滅させる効果を持っているので改善するのは確認されていますが、この菌は常在菌として人間の体に住み着いているので完治することは出来ません。
そのために症状が治まったとしても再発する可能性が高く、それでいて自覚症状が出ないケースが多いので感染率は高くなっています。

感染経路は殆どが性行為からで、女性から男性に感染するとその症状は陰茎に生じます。
カンジタが女性に多いのは常在菌が膣粘膜で生息していることも有ります。
この菌はカビなので暗い高温多湿の環境を好む性質が有るので、その環境に近い膣で増殖しやすいからです。
膣は体内に有るので体温で常に温かい上に暗く、内分泌液が出ていて湿っているので増殖しても仕方有りません。

性行為で膣と直接に接触するのは陰茎なので感染しやすいのですが、陰茎は膣と違って体内から突出していて常に湿っていることは無く入浴で洗いやすい部分です。
その際に菌を洗い流せるので増殖を防げるのですが、包茎の男性では状況が違ってきます。
包茎は陰茎の亀頭を常に皮が覆い隠しているので暗く湿った高温の状態が出来てしまい、膣と似た環境なので菌が増殖しやすくなっています。
男性には発症しにくいカンジタですが包茎だけは話が違ってくるので、包茎の人は蒸れないようにしたり清潔でいることを心掛けて、カンジタの増殖を防ぐ処置を常に行うのが重要になってきます。