• ホーム
  • 淋病に感染したら注射1本で完治する

淋病に感染したら注射1本で完治する

淋病は放置してはいけない、性感染症の1つです。
自然治癒が期待できない性感染症ですので、放置してしまうとどんどん症状が悪化してしまう事が考えられます。
性感染症の治療はどんな事をするのか不安に感じる方もいるかもしれませんが、淋病の場合、最も多く行われているのが注射による抗生物質の投与です。
何回も注射を受ける必要はなく、基本的に1回の施術で治療は終わります。

腕やお尻に抗生物質を注射するのみですので、治療は簡単と言えるでしょう。
現在、主に淋病治療に使われている抗生物質は、セフトリアキソンとスペクチノマイシンです。
淋病治療の際、健康保険が適用されるのは、セフトリアキソンとスペクチノマイシンでの施術のみとなっています。

セフトリアキソンは静脈注射となるので、痛みは少ないという特徴があります。
スペクチノマイシンはお尻への筋肉注射となるため、強い痛みを感じるかもしれません。
基本的にこれらの抗生物質を1回、注射するだけで淋病の治療は終わりです。
ただ、症状が悪化してしまうと治療期間が長くなってしまうケースがあるので注意しましょう。

場合によっては1日から7日間程度の、投薬治療を必要とするケースがあります。
治療を受ける場合は発症した人だけでなく、パートナーも一緒に受けるのが鉄則です。
この性感染症はとても感染力が高いという特徴があります。
女性の場合は淋病に感染していても、症状が現れないというケースも少なくありません。

症状が出やすい男性のみが治療を行い、女性はそのまま放置してしまうと完治した男性が、再び淋病を発症する確率は高くなります。
パートナーが性感染症を移しあう事を、ピンポン感染と言います。
淋病もピンポン感染が起こりやすい性感染症です。
一方が治療を受けてもう一方がそのままだと、お互いに淋菌を移しあう事になり淋病を完治する事ができません。
治療は1回の注射のみで終わる事が大半ですので、パートナーのどちらかが淋病を発症した場合は2人で治療や検査を受けるようにしましょう。

淋病の治療薬はセフトリアキソンやスペクチノマイシン

現在、淋病に感染した方が病院に行った場合に処方されることが多いのがセフトリアキソン・スペクチノマイシンです。
それぞれ静脈注射・お尻への筋肉注射になります。
淋病に対して確実な効果が望める抗生物質ですし、保険が適用されるため費用的にも負担が少なくてすみます。

第1選択薬はセフトリアキソンです。
1回投与するだけで性器周辺だけでなく、咽喉に感染した咽頭淋病まで治療が行えるのです。
性器の淋病にかかると30パーセントから70パーセントの確率で咽喉にも感染するといわれているため、同時に治療が行えるこの薬はおすすめです。
腕に注射したり、点滴で投与されることもあります。

ただ、アレルギーなどの関係で使用が禁止されているという場合には、スペチクノマイシンを使いましょう。
こちらは咽頭淋病に対しては確実な治療効果は望めません。
そのため、飲み薬であるジスロマックやミノマイシンを併用する必要があります。
太い針の注射をお尻から刺すため、強い痛みがあります。
とはいえ、こちらもたった1回だけです。

淋病治療は基本的には注射1回で終わります。
とはいえ、すでに淋菌の感染が進行して症状が悪化してしまっている場合には治療期間が延びることもあるのです。
放置していても淋菌はいなくなることはなく、自然治癒することはありません。
少しでも苦しまないで完治させるためにも早めに病院に行きましょう。
淋菌性精巣上体炎や骨盤内炎症性疾患になっていた場合には、セフトリアキソンを1日から7日の期間、毎日1回投与しなければならなくなります。

注射や点滴以外に飲み薬タイプの抗生物質が処方されることもあります。
有効成分アジスロマイシンのジスロマックです。
ただし、これに対する耐性菌が増えているため処方される機会はどんどん減っています。